横浜市で評判のよいリフォーム業者はここ!

HOME » リフォーム指南【お風呂編】 » 浴室リフォームの注意点

浴室リフォームの注意点

浴室リフォームを行う際に、あらかじめ注意しておきたいポイントがあります。ここでは、浴室リフォームに欠かせない注意点について紹介しています。

リフォームのタイミングに注意する

浴室リフォームは、春から夏にかけての暖かい季節や、秋などの涼しく湿気が少ない季節に行うのがベストです。浴室とその周辺環境に湿気が多い場合は、特に乾燥した季節を選んでリフォームすることをおすすめします。 リフォームを考えるタイミングとしては、浴室内や浴槽にヒビ・カビなどが発生していたり、床にきしみやぶよぶよとした感じが出ている場合などを目安とします。

お風呂は疲れを癒し、リフレッシュするための場所です。汚れや傷などが気になる場合には、早め早めに対応しておきたいところです。

リフォームする場所や素材を選定しておく

浴室の状態が良ければ、ユニットバスの交換のみにとどめたり、床を張り替えるだけで済ませるなどの部分リフォームを施すことができます。 フルリフォームに比べ、部分リフォームはお金がかからないため、費用を節約したい方に向いています。必要のない箇所をリフォームする必要はありません。業者とよく話し合い、リフォームを早急に施した方がよい場所を優先的に厳選し、直していくようにしましょう。

またリフォームに際しては使われる素材も厳選するようにしましょう。壁や天井にはタイル・ステンレス・樹脂・あるいは木などを使いますが、希望するデザインとマッチするかも重要なポイントになります。 費用面を考慮してある程度デザイン面に目をつぶる場合でも、どのような浴室にするかイメージをしておくとスムーズにリフォームが進みます。

必ず見積もりを取ってから業者を決める

同じ作業工程でも料金が変われば、トータルコストにも影響が出ます。特定の業者にリフォームを依頼しようと決めている場合でも、まずは複数の業者から見積もりを出してもらうことをおすすめします。

フルリフォームの場合、100万円を超える高額な費用がかかる可能性もあるため、少しでも費用を抑えるためには業者選びが大切です。 できれば2,3社から見積もりを出してもらって、信頼のできそうな業者に依頼するとよいでしょう。