横浜市で評判のよいリフォーム業者はここ!

HOME » リフォーム指南【お風呂編】 » 浴室リフォームの耐久年数はどのくらい?

浴室リフォームの耐久年数はどのくらい?

浴室の耐久年数は15年から20年程度が目安と言われており、その年数を目途にリフォームや修繕の時期がやってきます。一度浴室リフォームを行った場合でも、そこから15年以上が経過したら再度リフォームの時期がやってくるものと考えてください。

ただし、ユニットバスなどの交換については品質の良いものをきれいに使えば20年以上持つこともあります。

浴室の内部については、タイルのヒビ割れや欠け、剥がれなどがみられればこまめに修繕を行うべきです。ヒビ割れ程度では実害はないだろうと放置してしまうと、床に水が染み、シロアリの温床になりやすくなります。後々大きな出費となってしまう可能性があります。水漏れなどが心配される場合には、浴室内全体のリフォームを考えるべきでしょう。

浴室の一部、コーキングなどを修理すれば、20年以上持たせることも可能な場合がありますが、自力でコーキング修繕を行った場合きれいに修理ができるとは限らず、穴などから水漏れなどが発生し結果的に建物の腐食が進む可能性もあります。

浴室は常に湿気や水分で覆われており、お湯を使うと湯気が充満します。それらをしっかりと換気して外に排出することによって、浴室内を清潔で乾燥した空間に保つことができます。

ただし、換気を行わずに放置していると湿気から建物の腐食が進んでしまいますので、常日頃から十分に換気をするようにしましょう。真冬など、浴室内外の気温差が大きな地域などでは、浴室の換気乾燥はさらに十分に行いましょう。

それでも、浴室は使えば使うほど、年数が経つほどに劣化が生じます。軽い修繕で済む場合は問題ありませんが、中には建物の腐食が起きていることを知らずに浴室を使い続けているケースもありますので、15年から20年程度を目安に点検、リフォームを検討すると良いでしょう。

すでに老朽化が気になっている浴室については、清掃や軽い修繕だけでは十分ではない可能性も。その場合は、リフォーム業者などと相談のうえ、安全に浴室を使用できる程度にリフォームを行うのが理想的です。

浴室に関する経年劣化については、浴槽のヒビ割れ、浴室内の壁の剥がれや欠けなどが多いとされています。少しでもこうしたトラブルを見つけたら、すでに浴室内が老朽化していることの証。他にも、カビが多く発生したり、水が流れにくくなるといったトラブルなど、普段とは違う点にも目を向けてみてください。

カビの場合、カビキラーなどで表面的に除去しても根本的に解決していないとすぐにまた発生します。カビによるアレルギー症状や小さい子どもがいる家庭では小児喘息を引き起こすことも。カビを吸い込むことで気管支や肺にカビが住み着き、肺炎のような症状を発症することもあり、カビが発生しないようにこまめな修繕やリフォームはとても重要です。

突然リフォームが必要となっても、なかなか決断ができないかもしれません。その場合は、できるだけ必要最小限に修繕を行うか、早急に直しが必要な箇所に手を入れるなどの対策を取ると良いでしょう。

リフォーム業者選びもじっくりと時間をかけて行い、丁寧に相談に乗ってくれるところを探す必要があります。