横浜市で評判のよいリフォーム業者はここ!

HOME » リフォーム指南【お風呂編】 » リフォーム成功のための業者選び

リフォーム成功のための業者選び

悲しいことに、ほんの一部の悪質なリフォーム業者による、詐欺をはじめとしたさまざまな手口のトラブルが相次いで起こっています。

そのため、リフォームを行う際には、これらの悪質業者に対する対策方法をきちんと勉強しておき、しっかりとした業者に依頼を行うように心がけておくことが大切です。

トラブルへの対策方法

ここでは、特に多いといわれている悪質業者の手口から、それらの対策方法をいくつか紹介していきたいと思います。

訪問販売

近年、直接自宅に訪問してきて「リフォームをしませんか?」と勧めてくる訪問販売によるトラブルが激増。寂しいお年寄りをターゲットに訪問してきて、世間話のついでに契約を迫るといった手口が増えているのです。

しかし、いくら販売員が親身になって話を聞いてくれるといっても、実際に工事を行うのは職人さんです。さらに悪質なのは、トラブルが起こって問い合わせ先に電話をしても「現在は使われておりません」となっていることも多く、気の弱いお年寄りの方たちの中には、泣き寝入りをしてしまうケースもあるようです。

そんな時に便利なシステムが「クーリング・オフ」と呼ばれるもの。これは、訪問販売に関する自宅での契約は、8日間以内であれば契約を解除できるというもので、法律によって合法的に行えます。

ただし、工事に着手してしまうと手続きなどが複雑になってしまうので、怪しいと思ったらすぐにお近くの自治体などに連絡するようにしてください。

モニター・補助金商法

これも訪問販売の一種。ある日自宅に販売員がやってきて「リフォーム工事の費用がモニター価格になる」「期間限定の補助金でリフォーム費用が安くなる」といった触れ込みで契約を迫るというものです。

言うまでもありませんが、リフォーム業界においてモニター価格や期間限定の補助金などといったものは存在しません。

こういった飛び込みの訪問販売がきた時には、決してその場で契約などはせずに、連絡先をもらって後日問い合わせるようにしましょう。